色紙を利用する場合|紙の質感が左右する!フライヤー印刷業者の見本帳サービスの利便性

色紙を利用する場合

ウーマン

チラシ印刷で利用出来る紙は、白だけではありません。黒や赤に青とあらゆる色の紙を利用することが出来ます。企業のイメージカラーに適した名刺は勿論ですが、店舗の売上向上のために利用するポイントカードでも有効活用できます。そんな色紙を使っての印刷で有効なのが、ホワイト印刷です。色紙を利用する場合はプリントする文字やデザインは白にすれば比較的目立ちやすくなります。ホワイト印刷は、何と言っても、デザインの幅が広がりやすいのが特徴です。また、文字やデザインが繰り抜かれたような感じを醸し出せるので見応え抜群に感じられるのは確かです。色紙と相性が良いホワイト印刷なら、激安価格で依頼を引き受けるチラシ印刷業者がおすすめです。専用のオンデマンド印刷機を利用して、希望通りのデザインを激安価格で作ってくれます。

色紙と相性の良いホワイト印刷は、後半に白いインクを付着させるので、場合によっては色ムラやかすれが生じてしまうのではないか気になってしまいます。紙自体が色付きなので、白のエラー箇所が目立ちやすいため、見応えの無いものになってしまいます。しかし、激安価格で依頼を引き受けるチラシ印刷業者では、色ムラやかすれの予防のために、試し刷りサービスを遂行してくれます。激安チラシ印刷業者では、入稿したデザインに色紙に色ムラやかすれの症状が出てこないかチェックするために、1枚の紙を利用して試し刷りをしてくれます。事前にちゃんと、ホワイトインクを塗ってくれるのかをチェックしてくれるので、仕上がりが抜群なのか確認するのに最適です。